がんの末期症状の治療|がんを完治させたいなら免疫療法がおすすめ|費用について知ろう

がんを完治させたいなら免疫療法がおすすめ|費用について知ろう

看護師と患者

がんの末期症状の治療

女の人

新しい治療法に期待

癌性腹膜炎は、がん細胞が腹膜に浸潤したり、転移したりして発症します。炎症を起こすと当然、腹部に痛みを感じることとなりますが、そればかりではなく、腹水が溜まるようにもなります。そして、その腹水が原因で腸閉塞や尿管閉塞等を併発します。癌性腹膜炎は、がんの末期症状だと言われています。それ故に治療は難しく、治療したとしても多くは期待できないとされています。そういったことから、患者の苦しみを減らす治療が主として行われてきました。しかし、近年は新しい治療法も行われています。まだ、新しい治療法ですのでエビデンスが確立されているとは言えませんが、試してみる価値はある、少なくとも知識を得ておいて損はないと言えます。その新しい治療法の1つが、免疫療法です。

免疫療法のメリット

免疫療法とは、がん患者の免疫力を回復させる治療法です。人間には元来、がんに対する免疫力が備わっています。つまり、がん発症は免疫力の低下が原因となっていますから、回復させ、がんを退治してしまおうというのが免疫療法となります。免疫療法の特徴は局所ではなく、全身のがんに有効な点です。癌性腹膜炎を発症していると、全身にがんが散らばっていることが考えられますから、免疫細胞が有効となるのです。また、ほとんど副作用がないことも免疫療法の特徴です。癌性腹膜炎は前述したとおり、がんの末期症状ですから、患者の体力は弱っています。それなのに副作用が強い治療を行うことは、患者を苦しめてしまうことになりますから、その点においても免疫療法は有効だと言えます。