がんを完治させたいなら免疫療法がおすすめ|費用について知ろう

ドクター

がんの末期症状の治療

女の人

癌性腹膜炎は、がんが腹膜に浸潤や転移をして発症します。がんの末期症状であり、治療は困難なのですが、近年は新しい治療法も用いられています。その1つが免疫療法で、免疫療法は全身のがんに有効であり、また、ほとんど副作用もありませんから、癌性腹膜炎に対しての有効性が期待できます。

Read More...

治療で使う薬品の価格

病院

価格設定に関する注意

近年では第4のがん治療方法とも呼ばれる免疫療法に注目が集まっています。これはがん細胞が持つ、免疫細胞の攻撃を妨害するという能力を壊し、免疫によるがん細胞への攻撃を正常に行わせる事を目的とした内科的な方法です。現在ではこうした免疫療法として使える薬品も開発される様になっています。その一方で利用者である患者が気がかりな面となるのが、薬品価格の面になります。そもそも医薬品の価格決定には、その開発や研究にかかった費用と、販売によって回収される費用、すなわち販売対象となる患者の推定人数が関わると言われています。開発にかかった費用が高くなるほど、当然医薬品価格も割高となります。加えて薬品を使うと想定される患者の人数が少なければ、価格単価も高くなりやすい事になります。こうした仕組みの中で、免疫療法に使う薬品は当初、患者数が少ない事が見込まれた皮膚がん患者を対象にした薬品として販売されていました。そのため、薬品単価が高く設定されていた背景があります。具体的には100ミリグラムあたりの価格でおよそ70万円強かかると言われています。

患者をサポートする制度

一般的な成人の体型で想定した場合、単純計算なら年間で3000万円台もの出費が、免疫療法による治療でかかる計算となっています。こうした状況から、患者の立場に対して免疫療法にかかる高額な費用を助ける仕組みも存在しています。それが高額療養費制度と呼ばれる仕組みです。これは月ごとにかかる医療費が、決められた上限額を超えた場合に超えた分の費用を支給してもらえる制度となっています。公的医療保険の中の一制度となっており年齢や所得、その他の条件に応じて、個人負担の上限額が決定する仕組みになっています。制度適用が可能な治療であれば、免疫療法による投薬治療があっても、月の出費は10万円未満程度に抑えられるとされます。最近ではこの制度が適用できる範囲も広げられた事もあり、利用するケースが増えていると言われています。その一方で、保険適用が出来ない自由診療に該当する治療では、免疫療法を使った治療であっても全額自己負担となるケースもあるとされ、注意が必要な点になっています。

あまり知られていない病気

レディ

誰にでも起こることがあるめまいや耳の詰まった感じは、放っておくと場合によってはひどくなる一方です。メニエール病のような症状が出た場合はすぐ医療機関にかかり、自分でも生活改善をすることで発作を軽減することが出来ます。

Read More...

首の椎間板ヘルニア

女の人

頚椎椎間板ヘルニアは普通に生活していても発症する恐れがありますので、首に負担がかかるような行動、姿勢は注意すべきです。治療は通常、保存的治療が行われます。薬物療法と理学療法を同時進行で行い、どちらもしっかりと行えば、自然治癒することもあります。

Read More...